【節約術】犬のトリミング代が高すぎるので自分でやってみた

  • 2020年8月1日
  • 2020年9月26日
  • 節約
  • 20view
ペンギン
こんにちは、ペンギンです。

ワンちゃんを飼っているかた、シャンプー・トリミング代って月いくらかかっていますか?

我が家のトイプードルはカットしないといけないので毎月8,000円ほどかかります。

毎月8,000円かける価値ってあるのか?と思い自分でやってみました。

トリマーさんみたいなカットはできませんが、妥協できる範囲で完了したので毎月8,000円払わなくてもいいかなと感じました。

用意する道具は?

Amazonで初心者用のトリミングセットが売っています。

他にも高いトリミングセットはありましたが最低限のトリミングに必要な道具が全て入っているのでカット用ハサミはこれさえあれば準備OK。

ハサミの先が丸くなっていてケガをしにくいのとコスパが非常に良くて重宝しています。

初心者はとにかくケガをさせないことが一番大事ですよね。

大小4つのハサミとクシが入っています。

実際に使うことが多いのは一番小さいハサミですね。

小さくて顔周りを切ったりするのに1番便利です。

肉球周りの毛は短くてハサミで切ると危ないので人間の顔用シェーバーでササッと剃ります。

肉球が毛で覆われていると歩くときに滑ったりするので綺麗にしてあげてください。

こんな感じのものが家にあればケガもしないのでおすすめです。

あとは、カットだけではなくて毎日のお手入れとしてスリッカーブラシも活用しています。

カット前はもちろん、毎日ブラッシングしてあげる必要があります。
我が家のプードルはこれでブラッシングされると気持ちがいいみたいでとても喜んでくれます。
毎回、終わったあとはお礼になめてくれます。笑

シャンプー編

我が家で使っているシャンプーはこちら。

子犬用と書いてありますが、成犬にも使っています。

詰め替え用も売っていますし、ライオンが販売しているので安心感もあります。

何よりコスパがいいので本当に助かっています。

雨の日に散歩して足が汚れたときでもハンドソープ感覚でサッと肉球を洗っています。

高いシャンプーを使っても全然泡立たず、減りが早くて微妙なものが多かったです。

香りもよくて仕上がりもモフモフふわふわになります。

顔周りも洗えるので安心して使えます。

匂いもいい匂いで好きです。

フロントライン最大51%オフ さらに新規登録・購入の特典付き!

カット編

まず初めにクシで毛並みをとかしてから少しずつハサミで切っていきます。

先にクシでとかさないと毛がもつれてワンちゃんが痛い思いをする可能性があるので重要です。

耳毛

耳周りの毛は中と外の毛を慎重にカットしていきます。

耳の中から生えている薄い毛は手で抜いてあげましょう。

ちなみに我が家のトイプードルの耳毛がめちゃ伸びている写真です。

一回で抜かなくても毎日ちょっとずつ抜いてあげるとワンちゃんのストレスも少ないのでおすすめです。

獣医さんにも言われましたが、トイプードルのように耳が垂れている犬種は耳の中の通気性がよくないと外耳炎になるリスクがあります。

また、耳毛の処理と一緒に耳掃除も定期的にしてあげてください。

耳掃除用の洗浄液が売っているのでコットンに染み込ませて優しく耳の中を掃除してください。

肛門周り
肛門周りは清潔に保っておくため、バリカンやシェーバーで毛を剃りましょう。
剃り終わった後はベビーパウダーをはたいておくといいです。
また、シャンプーのときに肛門腺絞りは絶対にやっておきましょう。
ワンちゃんがおしりをすって歩いていることありませんか?
定期的に肛門腺液を絞り出してあげる必要があります。
これをしないと痒くなっておしりをすって歩いたり肛門のあたりを気にするようになって病気になってしまいます。
肛門腺は肛門の左右にあり(4時と8時の間にあります)、親指と人差し指でしごきあげるように絞ります。
肛門腺液はニオイがきついのと飛び散るのでティッシュで押さえながらやるといいです。
やり方についてはYouTubeに詳しく載せているかたがいるので参考にしてみてください。
お手入れ編
爪切りも自分でできます。
我が家はドギーマンの爪切りを使っています。

犬の爪には神経と血管が通っているので深爪をすると血が出てワンちゃんが痛がります。

白い爪のワンちゃんであれば透かせば血管が見えると思うので血管のちょっと手前で切ってください。

黒い爪のワンちゃんは血管が見えないのでちょっとずつ切りながら爪の断面をチェックしてください。

切断面が白であればまだ切れますが、透明になるとそろそろ血管が近くなっている証拠です。

血管の数ミリ手前で切るのをやめておきましょう。

爪が床にあたらないくらいを維持するのが理想です。

そろそろ血管かな?と思ったらヤスリでちょっとずつ磨いていくのがおすすめ。

爪を切りっぱなしだと飛びつかれたときに爪が尖っていて非常に痛いので最後はヤスリをかけたほうがいいです。

ちなみにこのハサミは初心者でも使いやすいように出来ていてハサミの丸いところに爪を挟んで切ると安全に爪切りができます。

ワンちゃんが興奮していなくて寝ているときに切るのがおすすめです。



まとめ

自宅でカット、シャンプー、日々のお手入れは道具をある程度揃えてしまえば簡単にできます。

ワンちゃんとのスキンシップにもなりますし何より節約になるのがメリットです。

浮いた費用で一緒に旅行やドッグカフェに行けたら最高ですよね。

初心者でも練習すればマスターできるのでちょっとずつ初めてみてはいかがでしょうか。



最新情報をチェックしよう!