【ミニとの違いは?】ウボンゴをレビュー!飽きるって本当?実際に遊んでみた評価を暴露!

こんにちは、ペンギンです。

パズル系ボードゲームのウボンゴを紹介します。

パズル版ゲームの決定版っていうけど本当に面白いの?という疑問を解消します。

ウボンゴを実際に遊んでみた評価を嘘偽りなく暴露します。

「ウボンゴ」ってこんなボードゲーム

  • 人数:1~4人
  • 対象年齢:8歳以上
  • 所要時間:25分
  • 難易度:★★☆☆☆
  • 価格:2,764円(Amazonが最安値)

パズルボードのマスをパズルタイルでぴったり埋める速さを競うゲームです。

ウボンゴはスワヒリ語で「脳」という意味を持ちます。

1番早くに解けなくても、時間内に解ければランダムで宝石がもらえるので、最後まで勝敗が読めません。

脳トレ要素がある「パズルゲーム」とみんなで遊べる「ボードゲーム」の要素が詰まったパズル系ボードゲームの傑作。

1人~4人まで楽しめます。

「ウボンゴ」のプレイルール

ゲームの準備

パズルボードは合計36枚あり、難易度が2段階あります。

  1. 簡単な問題(パズルタイル3枚を並べる)
  2. 難しい問題(パズルタイル4枚を並べる)

パズルボードの片面には簡単な問題、もう片面には難しい問題があります。

遊ぶほうの難易度を見えないように裏向きにしてテーブル中央に重ねます。

各自、パズルタイルを12枚ずつ受け取ります。

 

砂時計を用意します。

ラウンドトラックボードをテーブル中央に置きます。

袋からサファイア(青)9個と琥珀(茶色)9個を取り出し、ラウンドトラックボードの穴に置きます。

宝石はゲームのスコアとなります。

  1. 赤=4点
  2. 青=3点
  3. 緑=2点
  4. 茶色=1点

ゲーム終了時に集めた宝石のスコアが高い人が勝者です。

プレイルール

ゲームは9ラウンドで行います。

  • 各自、パズルボードを1枚ずつ取り、自分の前に置く。
  • 1番若い人がダイスを振り、砂時計を逆さにする。
  • ダイスで出たマークによって使うタイルが決まる。
  • マークと同じパズルタイルを使って、ぴったり収まるように配置する。
  • 問題が解けたら「ウボンゴ!」と叫ぶ。

砂時計がなくなるまで問題を解きます。

砂時計がなくなったとき、誰も問題を解けていなかったら「チャンスラウンド」を行います。

再び、砂時計を逆にして問題を解きます。

誰も解けていなくても、このラウンドは終了します。

ペンギン君
サイコロの出目で使用するパーツが異なるよ
サメ助君
ダイスを振って対応するパーツを探すところが勝負が始まっているんだね!
時間内に問題を解けた人は全員報酬をもらえます。
  • 1番早く解いた人:ラウンドトラックボードから青いサファイアを1個、さらに袋から中身を見ずに宝石を1個引く。
  • 2番目に解いた人:ラウンドトラックボードから茶色の琥珀を1個、さらに袋から中身を見ずに宝石を1個引く。
  • 3番目に解いた人:袋から中身を見ずに宝石を1個引く。
  • 4番目に解いた人:袋から中身を見ずに宝石を1個引く。

時間内に問題を解けなかった人は、このラウンドでは何ももらえません。

ゲーム終了・勝利条件

ラウンドトラックボードのサファイアと琥珀の各9個がラウンドマーカーとなります。

9ラウンド終了したら、集めた宝石のスコアを計算します。

宝石は種類によってスコアが異なります。

赤=4点、青=3点、緑=2点、茶色=1点

合計が最も高いプレイヤーの勝利。

完全実力主義で遊びたい場合は次のように報酬を受け取ります。

1番早い人はルビー1個、2番目はサファイア1個、3番目はエメラルド1個、4番目は琥珀1個を受け取ります。

1人用ルール

5分でできるだけたくさんの問題を解きます。

あるいは問題を5問解くまでの時間をはかります。

結果は記録し、記録を更新できるように挑戦します。

「ウボンゴ」のリアルなレビュー

運・確率 3
戦略・戦術 4
心理戦 0
外見・アート 3.5
総合 4.5

パズルが解けたときの爽快感がたまりません。

ぴったりハマったときの感覚が中毒になります。

ペンギン君
パズルを手で触る感覚とボードにはめる感覚が単純に楽しい!
子どもの知育や高齢者の認知症対策にも◎

宝石もカラフルで綺麗なのでプレイ中のテンションが上がります。

報酬は一部ランダムでもらえるので、引くときのドキドキ感が楽しいです。

解くのが遅くても、スコアの高い宝石を引けば勝てる可能性は十分にあります。

完全実力勝負にならない点が面白いです。

実力差が多少あっても、最後まで勝敗がわかりません。

また、サイコロの出目で使うパーツが指定されるため問題は無数のパターンが存在します。

パズルボードも36枚あるので問題被りすると感じたことはありません。

サメ助君
何回遊んでも飽きないよ★
パズルボードの両面で難易度が違うので、初心者や子どもと遊ぶときにハンデをつけやすいのも便利です。
沼にはまると時間をかけても答えがわからなくなります。
みんなで一緒に考えるのも面白いです。

「ウボンゴ」で遊んでみた他のユーザーの口コミ

口コミ

宮城県:(40代・男性)
とてもシンプルかつ奥深いルールで6~8歳の子供でも十分に楽しめています。
難易度がやさしいと難しいと2種類あり、得点方式も運が絡むので順位が実力だけで決まらず、
大人と子供でいい感じに競れます。
思考の瞬発力が鍛えられるので、子供の知育にもよさそうです。
大人だけでガチでやるのもかなり盛り上がります。


神奈川県:(20代・女性)
とても面白いです。脳トレになります。集中力も付きそうです。
大人も子どもも真剣勝負できて、楽しいです。小5の息子にどうしても勝てません。
箱もしっかりしていて、サイコロやパズルボードもしっかりしたもので、質が良いです。

砂時計を使ったり、宝石をもらえたり、アフリカっぽい雰囲気など、何となく夢があって、お気に入りです。

口コミ

東京都:(50代・男性)
子供の知育にもいいし、祖父母のボケ防止・脳トレにもいい。

慣れるまでは一人で遊んでも楽しいと思います。

また対戦では得意は人と不得意な人の差が明らかにでてしまう傾向もありますが、独自のハンディを考えて工夫すれば楽しめると思います。


栃木県:(70代・男性)
子供や孫達と一緒に遊んだら楽しかったので、ウボンゴ3種類購入し自宅で家内と楽しんでいます。

頭を使うので年寄りにはとっても良いですね。

遊んでわかった「ウボンゴ」のメリット

「ウボンゴ」で遊ぶメリットです。

  • 老若男女だれでも楽しめる
  • 複数のゲーム賞を受賞
  • 大人の脳トレになる
  • 子どもの知育に役立つ
  • 高齢者の認知症予防に効果的
サメ助君
以下、ウボンゴが受賞しているゲーム賞だよ。
  • デンマーク年間ベストファミリーゲーム賞ノミネート2011
  • スウェーデン年間ゲーム賞2009
  • フィンランド年間ゲーム大賞2007
  • オーストリアゲーム賞ファミリー部門2005

遊んでわかった「ウボンゴ」のデメリット

箱が若干大きいです。
持ち運びは十分可能ですが、若干大きいです。
もっとコンパクトに持ち運びたい人は「ウボンゴ ミニ」がおすすめ。

「ウボンゴ」を買った方がいい人

ペンギン君
「ウボンゴ」はこんな人におすすめや!
  • パズルゲームが好きな人
  • ボードゲーム初心者
  • 年齢問わずに遊べるゲームを探している人
  • 子どもと一緒に楽しめるゲームを探している人
  • 子どもの知育になるゲームを探している人
  • 認知症対策になるゲームを探している人

「ウボンゴ」を買わない方がいい人

パズル系のゲームが苦手な人
パズル系ゲームが苦手な人にはおすすめできません。
テトリスが苦手な人には向かないです。

価格・購入

ウボンゴは全部で5種類あります。

ウボンゴを初めてプレイする方には「ウボンゴ スタンダード版」をおすすめします。

ペンギン君
難易度は易しい順から、ミニ→スタンダード→トライゴ→エクストリーム→3Dだよ

ウボンゴ スタンダード版

通常のウボンゴはAmazonが最安値で2,764円です。

ウボンゴ3D

パズルピースが立体化したウボンゴ。

価格はAmazonが最安値で5,489円。

ピースが立体化したことで、より複雑に難易度が上がっています。

ブロックの質感がよく、うまくハマったときの快感がたまりません。

子どもでも楽しく遊べます。

ウボンゴミニ

ウボンゴをコンパクトにした持ち歩きに便利な商品。

価格はAmazonが最安値で945円。

旅行やキャンプにおすすめ。

価格と通常版と比べると安いです。

パズルピースが12個から8個に減ってコンパクトに。

通常版についている宝石はありません。

ウボンゴミニ トライゴ

ウボンゴミニの難易度を1段階上げたバージョン。

価格はAmazonが最安値で955円。

ピースが三角形になっています。

ゲームボード1面に問題が2つ印刷されています。

ウボンゴミニに物足りなさを感じたらトライゴにチャレンジ!

ウボンゴミニ エクストリーム

ウボンゴミニシリーズで最も難易度が高いのがエクストリーム。

価格はAmazonが最安値で961円。

ピースが六角形になっています。

感覚を掴むのが難しく、難易度が高いので大人向きです。

まとめ

ウボンゴは指定されたパーツを使って時間内にパズルを解くゲームです。

時間内に解ければ報酬として宝石がもえらえます。

1番に解けなくてもスコアの異なる宝石をランダムでもらえるので運要素も絡んできます。

プレイルールも単純で、子どもの知育から高齢者の認知症にも効果的。

ボードの両面で難易度を変えられるので、初心者や子どもと遊ぶときのハンデにも使えます。

両面あわせて72枚のゲームボードと12個のパズルピースからなる問題が出題されるので被ることはほぼありません。

何回遊んでも飽きない面白さがあります。

数多くのゲーム賞を受賞したゲーム作品でもあり、面白さはお墨付き。

ボードゲーム初心者から上級者まで一緒に楽しめるおすすめのボードゲームです。

パズルゲームが好きであれば、買って後悔のないボードゲームのひとつです。

 

最新情報をチェックしよう!